都築恵美のヴィラモリスコと美味しい12ヶ月

第12回 ひんやり美味しい「なすとズッキーニとチキンの焼き浸し」

夏になると冷たい素麺や冷やし中華など、さっぱりしたものが食べたくなりますよね。

暑さで食欲が落ちますし、キッチンで手の込んだ料理をするのも大変です。

暑い夏の食事は他の季節と比べると栄養バランスが偏ってしまうことも。

 

そこで今回は「お箸が止まらなくなる焼き浸し」のレシピをご紹介します。

噛んだ瞬間にじゅわっとだしが溢れて口の中に広がります!

 

 

野菜とチキンは黒いラベルのNero(ネロ)で焼き目をつけるようにこんがりと焼き、漬け汁に投入して冷やすだけ。

漬け汁は市販の麺つゆを使うのでとても簡単です。

素麺に添えたり、ごはんと一緒に食べれば、つい偏りがちな夏の食事もバランスの取れたものに。

 

パプリカを加えて見た目も鮮やかにし、ガラスやステンレスの器で涼しげな演出をして、視覚からも食欲を増進させます。

 

 

夏野菜は体を冷やす効果もありますし、ビタミンや食物繊維も豊富。

夏バテ予防にもおすすめのひと品です。

 

 

【なすとズッキーニとチキンの焼き浸し】

材料

  • なす……2本
  • ズッキーニ……1本
  • パプリカ……1個
  • 鶏もも肉……300g(唐揚げや水炊き用のカットされているもの)

A

  • オリーヴオイル……20ml
  • 麺つゆと水……合わせて200ml(お手持ちの麺つゆを素麺などのつけつゆの濃さに調整してください)

 

作り方

①なすとズッキーニはヘタを取って5mm幅にカットし、パプリカはひと口大にカットする。

②バットなどにAを入れて混ぜる。

③フライパンにオリーヴオイルを多めに注ぎ、野菜とチキンに焼き目をつけながら両面焼いて①に入れる。

ひと晩漬けておくと、だしがしっかり染み込みます。

archives

都築恵美プロフィール

料理家、アウトドアレシピプランナーの都築恵美です。
アウトドアをもっと日常に。
あおぞらのしたで食べるごはんはとてもおいしいです。
家族、友人、そして1人の時も、おそとで楽しい時間を過ごしてほしい。
そんな思いで活動しています!
東京都在住、O型、既婚、出没地:バーベキュー場、公園

ブログ アウトドアで子供とおいしいレシピ バーベキュー・キャンプ・ピクニック

copyright (c) VILLA MORISCO all rights reserved.